重松森雄杯・脊振山麓選抜
小学生駅伝競走大会

【 パンの提供 】
フランソアから提供のパン、選手は大喜び

【 後援企業 】
(株)木原ハイテック・久留米市

◆さて、大正~昭和~平成の100年、我が国のスポーツは学校運動部活動に支えられ、少子高齢化の令和からの百年は地域の元気な高齢シニア世代が寮や下宿を用意、公立小中高校の定員割れ過疎化からの脱却、逆に、広大で自然な環境を利用して都会のスポーツ留学生受け入れ、地域社会が協働で盛況学校運動部活動を地域に根付かせることで、教職員の負担の軽減、教員以外の大人との交流、地域の情熱ある指導者の育成、地域の人々のスポーツ機会の拡充が子供達の未来に続くと福岡陸上つつみ教室も考えます。【早稲田大学スポーツ科学/講論から一部引用】 学校運動部活動、学習環境の保証をめざす学校と地域で協働コミュニティスクールを推進する為に、第1回小学生選抜駅伝競走大会を令和1年8月18日(日)福岡陸上つつみ教室、企画運営で開催を決定しました。 つきましては、大会の趣旨をご理解いただき、令和の時代、末永く出場申し込みご参加頂きますようお願い祈願いたします。 背振脇山登山登坂勾配を利し個人駅伝長距離指導、毎週末実施しています。

▼最新の更新情報

2019年8月23日金曜日

重松森雄杯/脊振山麓選抜小学生駅伝競走大会,参加のお知らせ【要項、期日、参加費用、案内】

第2回大会開催予定、2020年12月13日(日) ●重松森雄杯/脊振山麓選抜小学生駅伝競走大会/参加申込み、要項、案内 【 大 会:会 場 】 >>Googleマップで確認する>> 脇山中央公園【 隣接: 脇山公民館: 福岡市早良区脇山 24...
2019年8月21日水曜日

県立高校校長の陸上競技部指導の軽い依頼が同じやるなら駅伝部創部、後任校長、情熱の結果

福岡県よりの依頼で民間外部監督として県立高校駅伝部創部、4か月で中部新人大会5000mで1・2・3位独占。 翌年、創部2年目、全国高校駅伝福岡県大会、1区、4区、区間賞。他区間2位。大牟田高校の後塵、総合2位、九州大会出場。
2019年8月19日月曜日

結果▼20190818_重松森雄杯_駅伝(男女)

「 第一回 重松森雄杯 脊振山麓選抜 小学生駅伝競走大会 」の「 駅伝/男女 」の部の結果を発表致します。 . 選手のサポートに付かれていましたチームスタッフ・保護者の皆様も本当にお疲れ様でした。 . 又、ご協力頂きました大会運営スタッフの皆様、お暑い中での業務になりまし...

結果▼20190818_重松森雄杯_マラソン(男女)

「 第一回 重松森雄杯 脊振山麓選抜 小学生駅伝競走大会 」の「 マラソン/男女 」の部の結果を発表致します。 . 入賞された選手の皆様、おめでとうございます。  . 選手のサポートに付かれていましたチームスタッフ・保護者の皆様も本当にお疲れ様でした。 . 又、ご協力...

▼コミュニティスクール推進、シニアが令和に賭ける運営所信

.

拝啓、時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

.

各位におかれましては、日頃から駅伝長距離陸上指導、保護者様におかれましては学童の健全育成にご尽力の事とご推察申し上げます。

.

さて、大正~昭和~平成の百年、我が国のスポーツは学校運動部活動に支えられ、令和これからの百年は地域の元気な高齢シニア世代が少子高齢、過疎化からの脱却、近代の都会学校運動部活動急降下で空洞化、地域が広大で自然な環境を利用、スポーツ留学生受け入れ、地域社会が協働で盛況学校運動部活動を地域に根付かせ再生、学校教職員の負担の軽減、教員以外の地域の指導者との交流、又、地域の人々のスポーツ機会の拡充が地域子供達の未来に続くものと考えます。先ずは、当たり前にしなければ、いけない事を、全員が当たり前に、こなし、何をやるにも石の上にも三年。(一部参照:早稲田大学スポーツ科学学術院/講論)

.

箱根大学駅伝出場常連校進学希望の中学生が夢叶う脊振山麓脇山に在る県立高校と脇山地域に駅伝陸上留学。自然を利した農林道の起伏、長距離鍛錬に贅沢な程に恵まれた背振山麓登山登坂勾配、福岡市早良区脇山、根性:我慢:クソォー今に見返してやる:有言実行の昭和のシニア世代が地域指導、2~3年で盤石の県下一、九州一の高校男子駅伝チーム、個のゴールデンボーイ育成【その情熱】伝える為に、午前の駅伝競技終了後【11時40分~12時30分の午後のマラソン競技開始迄の昼食時間】脇山公民館横の国道136号線、12時05分頃、背振山に向かって中学生男子2名が上り通過、12時15分頃、下り通過、登山登坂勾配(通行車両少なく安全)数ある脊振鍛錬コースを当日披露、学童保護者が将来夢叶える体幹整う長距離練習を身近に感じて帰宅して頂きたく重松森雄杯:脊振山麓選抜小学生駅伝競走大会と銘打って令和元年、第1回のプレ開催を決定しました。 敬具